VBAサンプル集
セル番地でバラバラに指定されたセルの削除

ExcelマクロVBAの実用サンプル、エクセルVBA集と解説
公開日:2013年5月以前 最終更新日:2023-08-24

セル番地でバラバラに指定されたセルの削除


シート内の複数のセルを削除します。
削除するセルはバラバラです。
A2,A4,B5:B7,C3,E5,E6,E9,…
さて、どういうVBAを書いたら良いでしょうか。
セル削除後は上方向にシフトします。


セルの削除についての基本は以下を参照してください。

第29回.セル・行・列の削除・挿入(Delete,Insert)|VBA入門
・セルの削除 ・セルの挿入 ・セルの削除・挿入時は、Shift:=は必ず指定 ・行・列の削除・挿入 ・行・列の削除/行・列の挿入で、Shift:=は必要か ・行・列の表示・非表示


順番に削除していく

順番に削除するには、下のセルから順に削除しなければなりません。
A2,A4,B5:B7,C3,E5,E6,E9
これならば、
E9,B7,E5,C3,B5:B7,A4,A2
このように、同一列ではより下のセルから削除していかなければなりません。

しかし、そもそもこのように重複の無いセル番地の指定なら、そのまま一括で指定できます。

Range("A2,A4,B5:B7,C3,E5,E6,E9").Delete shift:=xlUp

単純にこれで良いですね。

ですが、セル範囲が重複している場合は、上記のような削除のやり方はエラーになってしまいます。

Range("B5:I5,E2:E9").Delete shift:=xlUp

Excel VBA マクロ セル削除

手動でセル削除した時に出るエラーと同じです。

Excel VBA マクロ セル削除


もちろん順に削除するにしても、重複セルがあるなら、一度削除したセルは2度目は削除してはいけないので相応の仕組みが必要になります。


バラバラに指定されたセルを削除するVBA

Sub DelRange(ByVal aWs As Worksheet, aRange As String)
  Dim r1 As Range, r2 As Range
  For Each r1 In aWs.Range(aRange)
    If r2 Is Nothing Then
      Set r2 = r1
    End If
    If Intersect(r2, r1) Is Nothing Then
      Set r2 = Union(r2, r1)
    End If
  Next
  r2.Delete shift:=xlUp
End Sub
Sub 使用例()
  Dim ws As Worksheet, sRange As String
  Set ws = ActiveSheet
  sRange = "B5:I5,E2:E9"
  Call DelRange(ws, sRange)
End Sub

Intersectを使って重複を判定しつつ、
・Intersectメソッド ・Intersectの使用例 ・Intersectメソッドの最後に
重複の無い状態にして1セルずつUNIONしています。
・Unionメソッド ・Areasプロパティ ・Unionメソッドで連結した結果のRangeオブジェクトの状態について ・Unionメソッドの使用例 ・Unionメソッドの実践例
重複が無くなったRangeで最後にまとめてDeleteです




同じテーマ「マクロVBAサンプル集」の記事

シートを名前順に並べ替える
数式内の不要なシート名を削除する(HasFormula)
数式の参照しているセルを取得する
増殖した条件付き書式を整理統合する
条件付き書式で変更された書式を取得する
セル結合/解除でセル値を退避/回復
セル結合なんて絶対に許さないんだからね
セルの数式をネスト色分けしてコメント表示
セル結合して表を見やすくする(非推奨)
シートを削除:不定数のシート名に対応
セル番地でバラバラに指定されたセルの削除


新着記事NEW ・・・新着記事一覧を見る

テンキーのスクリーンキーボード作成|ユーザーフォーム入門(2024-02-26)
無効な前方参照か、コンパイルされていない種類への参照です。|エクセル雑感(2024-02-17)
初級脱出10問パック|VBA練習問題(2024-01-24)
累計を求める数式あれこれ|エクセル関数応用(2024-01-22)
複数の文字列を検索して置換するSUBSTITUTE|エクセル入門(2024-01-03)
いくつかの数式の計算中にリソース不足になりました。|エクセル雑感(2023-12-28)
VBAでクリップボードへ文字列を送信・取得する3つの方法|VBA技術解説(2023-12-07)
難しい数式とは何か?|エクセル雑感(2023-12-07)
スピらない スピル数式 スピらせる|エクセル雑感(2023-12-06)
イータ縮小ラムダ(eta reduced lambda)|エクセル入門(2023-11-20)


アクセスランキング ・・・ ランキング一覧を見る

1.最終行の取得(End,Rows.Count)|VBA入門
2.RangeとCellsの使い方|VBA入門
3.セルのコピー&値の貼り付け(PasteSpecial)|VBA入門
4.繰り返し処理(For Next)|VBA入門
5.変数宣言のDimとデータ型|VBA入門
6.ブックを閉じる・保存(Close,Save,SaveAs)|VBA入門
7.並べ替え(Sort)|VBA入門
8.条件分岐(IF)|VBA入門
9.セルのクリア(Clear,ClearContents)|VBA入門
10.マクロとは?VBAとは?VBAでできること|VBA入門




このサイトがお役に立ちましたら「シェア」「Bookmark」をお願いいたします。


記述には細心の注意をしたつもりですが、
間違いやご指摘がありましたら、「お問い合わせ」からお知らせいただけると幸いです。
掲載のVBAコードは動作を保証するものではなく、あくまでVBA学習のサンプルとして掲載しています。
掲載のVBAコードは自己責任でご使用ください。万一データ破損等の損害が発生しても責任は負いません。



このサイトがお役に立ちましたら「シェア」「Bookmark」をお願いいたします。
本文下部へ