VBAサンプル集
シートを削除:不定数のシート名に対応

ExcelマクロVBAの実用サンプル、エクセルVBA集と解説
公開日:2023-07-04 最終更新日:2023-07-04

シートを削除:不定数のシート名に対応


不要となったシートを削除するマクロVBAのサンプルです。
不定数のシート名を指定して削除できるようにSubを作成します。


名前で指定されたシートがない場合は特に何もしません。
指定されたシート名のシートがある場合のみ削除します。

削除するシートへの参照が存在する場合は、その参照は「#REF!」となってしまいますのでご注意ください。
削除シートへの参照は、
・数式
・名前定義
・入力規則
・条件付き書式
・グラフ
・図形
等々、いろいろな場所で使われている可能性があり、これらを全てマクロVBAで完全にチェックし対処するのは困難です。

完全にチェックするのは困難というのは、主に処理時間的な問題と、存在した場合の対処をどうするかが難しいという事です、


不定数のシートを削除するVBA

Sub delSheets(ParamArray p())
  Dim i As Long
  On Error Resume Next
  Application.DisplayAlerts = False
  For i = LBound(p) To UBound(p)
    Sheets(p(i)).Delete
  Next
  Application.DisplayAlerts = True
  On Error GoTo 0
End Sub


使用例

Sub sample()
  Call delSheets("シート2", 3, "4")
End Sub

以下のシートが対象となります。
シート名が"シート2"
3番目のシート
シート名が "4"
次の章で解説します。


上記のVBAの解説

シート削除の基本

シート削除の基本については以下を参照してください。
シートのコピー・移動・削除(Copy,Move,Delete)|VBA入門
・シートのコピー・移動 ・シートの削除 ・シートのコピー・移動・削除の関連記事

ParamArray

指定できるシート数を可変にする為、ParamArrayを使っています。
ParamArrayの詳細については以下を参照してください。
第133回.引数の数を可変にできるパラメーター配列(ParamArray)
・引数の構文 ・名前付き引数について ・ParamArrayキーワード(パラメーター配列)とは ・ParamArrayキーワード(パラメーター配列)の使用例 ・サイト内の関連ページ

Seets

シートにはグラフシート等もあり得ますので、
Worksheets
ではなく、
Sheets
を使っています。

指定されたシート名がない場合

はエラーとなるため、
On Error Resume Next
これでエラーを無視しています。

実引数を数値で指定した場合

ParamArray p()
これはVariant型になりますので、数値で指定した場合はシート名ではなくシートのインデックスを指定したものとなります。
実引数が同じ数値でも、3"3"では違います。
3と指定した場合は、インデックスの3、つまり2番目のシートになります。
"3"と指定した場合は、シート名が"3"のシートになります。

シート削除時のアラート

シート削除時のアラートに対応する為、
Application.DisplayAlerts = False
これで警告を無視してシートを削除します。




同じテーマ「マクロVBAサンプル集」の記事

シートを名前順に並べ替える
数式内の不要なシート名を削除する(HasFormula)
数式の参照しているセルを取得する
増殖した条件付き書式を整理統合する
条件付き書式で変更された書式を取得する
セル結合/解除でセル値を退避/回復
セル結合なんて絶対に許さないんだからね
セルの数式をネスト色分けしてコメント表示
セル結合して表を見やすくする(非推奨)
シートを削除:不定数のシート名に対応
セル番地でバラバラに指定されたセルの削除


新着記事NEW ・・・新着記事一覧を見る

イータ縮小ラムダ(eta reduced lambda)|エクセル入門(2023-11-20)
PIVOTBY関数(縦軸と横軸でグループ化して集計)|エクセル入門(2023-11-19)
GROUPBY関数(縦軸でグループ化して集計)|エクセル入門(2023-11-18)
PY関数(Pythonコードをセル内で実行)|エクセル入門(2023-11-17)
画像「セルに配置」のVBAについて(365の新機能)|VBA技術解説(2023-11-13)
スピルのゴーストの範囲を選択するVBA|ツイッター出題回答 (2023-10-31)
エクセル試験3:月間の所定労働時間|エクセル練習問題(2023-10-04)
エクセル試験2:所得税の計算|エクセル練習問題(2023-10-04)
エクセル試験1:曜日別の平均客単価|エクセル練習問題(2023-10-04)
列全体を指定する時のRangeとColumnsの違い|ツイッター出題回答 (2023-09-24)


アクセスランキング ・・・ ランキング一覧を見る

1.最終行の取得(End,Rows.Count)|VBA入門
2.RangeとCellsの使い方|VBA入門
3.繰り返し処理(For Next)|VBA入門
4.セルのコピー&値の貼り付け(PasteSpecial)|VBA入門
5.変数宣言のDimとデータ型|VBA入門
6.条件分岐(IF)|VBA入門
7.ブックを閉じる・保存(Close,Save,SaveAs)|VBA入門
8.並べ替え(Sort)|VBA入門
9.マクロとは?VBAとは?VBAでできること|VBA入門
10.Range以外の指定方法(Cells,Rows,Columns)|VBA入門




このサイトがお役に立ちましたら「シェア」「Bookmark」をお願いいたします。


記述には細心の注意をしたつもりですが、
間違いやご指摘がありましたら、「お問い合わせ」からお知らせいただけると幸いです。
掲載のVBAコードは動作を保証するものではなく、あくまでVBA学習のサンプルとして掲載しています。
掲載のVBAコードは自己責任でご使用ください。万一データ破損等の損害が発生しても責任は負いません。



このサイトがお役に立ちましたら「シェア」「Bookmark」をお願いいたします。
本文下部へ