VBA入門
マクロをショートカットで起動(OnKeyメソッド)

ExcelマクロVBAの基本と応用、エクセルVBAの初級・初心者向け解説
公開日:2014-06-27 最終更新日:2021-12-15

第128回.マクロをショートカットで起動(OnKeyメソッド)


マクロVBAをショートカットで起動したい時には、Application.OnKeyメソッドを使います。


通常マクロはボタンや図形に登録して起動しますが、これらをクリックするにはマウス操作が必要です。
Application.OnKeyメソッドを使う事でショートカットで起動できるようになります。

頻繁に使う機能をキーボード操作で起動できることの利点は大いにあります。


OnKeyメソッド

特定のキー、またはキーの組み合わせを押したときに、指定されたプロシージャを実行します。

Application.OnKey(Key, Procedure)

Key 必須 押すキーを示す文字列を指定します。
Procedure オプション 実行するプロシージャ名の文字列を指定します。
空の文字列 (") を指定すると、引数 Key で指定したキーを押しても何も起こりません。
つまり、Excel の通常のキーストロークを無効にできます。
この引数を省略すると、指定したキーストロークは Excel の通常のキーストロークの結果に戻ります。

Key には、単独のキーを Alt キー、Ctrl キー、Shift キーのいずれか、または複数と組み合わせて指定します。
Enter キーや Tab キーのように、画面に表示されないキーを指定するときは、以下のコードを使います。

キー コード
BackSpace {BACKSPACE} または {BS}
Break {BREAK}
CapsLock {CAPSLOCK}
Clear {CLEAR}
Delete または Del {DELETE} または {DEL}
{DOWN}
End {END}
Enter (テンキー) {ENTER}
Enter ~ (ティルダ)
Esc {ESCAPE} または {ESC}
Help {HELP}
Home {HOME}
Ins {INSERT}
{LEFT}
NumLock {NUMLOCK}
PageDown {PGDN}
PageUp {PGUP}
Return {RETURN}
{RIGHT}
ScrollLock {SCROLLLOCK}
Tab {TAB}
{UP}
F1 ~ F15 {F1} ~ {F15}

任意のキーを Alt キー、Ctrl キー、Shift キーのいずれか 1 つまたは複数と組み合わせて指定できます。
他のキーと組み合わせるときは、以下のコードを使用します。

キー コード
Shift + (正符号)
Ctrl ^ (カレット)
Alt % (パーセント記号)

特殊文字 (+、^、% など) に登録するときは、文字を中かっこ ({ }) で囲みます。


>OnKeyメソッドの使用例

>
以下での表記は、
キー + キー
のように、キーの間に+を記述しています。

Ctrl + +に登録
Application.OnKey "^{+}", "プロシージャー名"

Shift + Ctrl + に登録
Application.OnKey "+^{RIGHT}", "プロシージャー名"

Shift + Ctrl + を通常の機能に戻す。
Application.OnKey "+^{RIGHT}"

Shift + Ctrl + を無効にします。
Application.OnKey "+^{RIGHT}", ""

ShiftCtrlの指定順序は問いません。
"+^{RIGHT}"

"^+{RIGHT}"
これらは、どちらで指定しても同じになります。
もちろん、ショートカットを使う時のキー押下順序も問いません。




同じテーマ「マクロVBA入門」の記事

第130回.テーブル操作の概要(ListObject)
第131回.テーブル操作のVBAコード(ListObject,DataBodyRange)
第142回.テーブル全件処理とデータ最終行(ListObject,DataBodyRange)
第127回.他のブックのマクロを実行(Runメソッド)
第128回.マクロをショートカットで起動(OnKeyメソッド)
第129回.レジストリの操作(SaveSetting,GetSetting,GetAllSettings,DeleteSetting)
第133回.引数の数を可変にできるパラメーター配列(ParamArray)
第134回.Errオブジェクトとユーザー定義エラー
第138回.外部ライブラリ(ActiveXオブジェクト)
第140回.Property {Get|Let|Set} ステートメント
第143回.WorksheetFunctionの効率的な使い方とスピル新関数の利用


新着記事NEW ・・・新着記事一覧を見る

無効な前方参照か、コンパイルされていない種類への参照です。|エクセル雑感(2024-02-17)
初級脱出10問パック|VBA練習問題(2024-01-24)
累計を求める数式あれこれ|エクセル関数応用(2024-01-22)
複数の文字列を検索して置換するSUBSTITUTE|エクセル入門(2024-01-03)
いくつかの数式の計算中にリソース不足になりました。|エクセル雑感(2023-12-28)
VBAでクリップボードへ文字列を送信・取得する3つの方法|VBA技術解説(2023-12-07)
難しい数式とは何か?|エクセル雑感(2023-12-07)
スピらない スピル数式 スピらせる|エクセル雑感(2023-12-06)
イータ縮小ラムダ(eta reduced lambda)|エクセル入門(2023-11-20)
PIVOTBY関数(縦軸と横軸でグループ化して集計)|エクセル入門(2023-11-19)


アクセスランキング ・・・ ランキング一覧を見る

1.最終行の取得(End,Rows.Count)|VBA入門
2.RangeとCellsの使い方|VBA入門
3.セルのコピー&値の貼り付け(PasteSpecial)|VBA入門
4.繰り返し処理(For Next)|VBA入門
5.変数宣言のDimとデータ型|VBA入門
6.ブックを閉じる・保存(Close,Save,SaveAs)|VBA入門
7.並べ替え(Sort)|VBA入門
8.条件分岐(IF)|VBA入門
9.マクロとは?VBAとは?VBAでできること|VBA入門
10.セルのクリア(Clear,ClearContents)|VBA入門




このサイトがお役に立ちましたら「シェア」「Bookmark」をお願いいたします。


記述には細心の注意をしたつもりですが、
間違いやご指摘がありましたら、「お問い合わせ」からお知らせいただけると幸いです。
掲載のVBAコードは動作を保証するものではなく、あくまでVBA学習のサンプルとして掲載しています。
掲載のVBAコードは自己責任でご使用ください。万一データ破損等の損害が発生しても責任は負いません。



このサイトがお役に立ちましたら「シェア」「Bookmark」をお願いいたします。
本文下部へ