ツイッター出題回答
日付時刻のマイナス表示に対応する方法

ExcelマクロVBAとエクセル関数についての私的雑感
公開日:2022-08-17 最終更新日:2022-08-17

日付時刻のマイナス表示に対応する方法


ツイッターで出したエクセルの問題です。


日付のマイナス表示についての問題です。
日付として計算可能であるマイナス日付を扱う方法についての問題になります。


出題ツイート

Excel エクセル問題 マイナス日付時刻
https://twitter.com/yamaoka_ss/status/1559523861149847552


暇な人が多そうなのでw問題を1つ
【エクセル問題】
さて、これはどんな仕組みでしょうか?
再現方法の手順を示してください。

Excel エクセル問題 マイナス日付時刻


用意した解答では
A1セルは「2022/8/16」が日付データで入っています。

Excel エクセル問題 マイナス日付時刻


さらに、こういう事なのです。
見る限りでは、ちゃんと計算していますね。

Excel エクセル問題 マイナス日付時刻


引用リツイートでの回答

出題者としての解答

Excel エクセル問題 マイナス日付時刻
https://twitter.com/yamaoka_ss/status/1559569141677170689


私のやったのは、
「オプション」の詳細設定で、
「1904年から計算する」これにチェックを付けました。
これにより、マイナス数値も日付表示されるようになります。
もちろんシリアル値は1904年が起点になります。

Excel エクセル問題 マイナス日付時刻

Excel エクセル問題 マイナス日付時刻


詳細に興味のある人は検索していただくとして簡単に。
1904年からの計算はもともとmac版excelが採用していました。
しかしLotus1-2-3は1900年からです。
これにはいろいろあるらしく、1900年が閏年ではなく、2000年は閏年という特殊なことも関係があったような話もあります。


互換性の問題やら、そもそも1900~1903年という古く短い期間の事なので重要視していなかったという事なのだと思います。
以前はmac版とのこの違いで実際に悩む人もいましたよね。
mac版も近年のバージョンでは1900年からが既定になっているはずです。


1904年にした場合にマイナス表示される事は知っていましたが、それがなぜなのかは知りません。
これについても様々な事情があったのでしょうね。
マイナス表示は日付だけではなく時刻もできます。
マイナス時刻の計算が出来るという事です。
とはいえ、その為に1904年にするわけにもいきませんけど。

Excel エクセル問題 マイナス日付時刻


以上になります。
余興問題でしたが、いろいろ調べるとかなり奥の深い話になります。
Excelにも歴史があり、作った人の事情も絡んで複雑な状況になっているようです。




同じテーマ「ツイッター出題回答 」の記事

年月に対して有効な日だけの入力規則のリスト作成
8桁数値が日付として不適切なら赤にする条件付き書式
条件付きの最大値と中央値("A"が2文字の条件)
日付時刻のマイナス表示に対応する方法
一覧から複数条件(部分一致、範囲)に合致するデータを抽出する
構成比を合計しても100%にならないと言われた…
振込手数料を先方負担にした時の振込金額と手数料の算出
脱字メーカー(文字列から1文字削除)
リーグ表に対戦番号を振る
数列内の連続偶数のみ順序を入れ替える
ランクによりボイントを付ける(同順位はポイントを分割)


新着記事NEW ・・・新着記事一覧を見る

無効な前方参照か、コンパイルされていない種類への参照です。|エクセル雑感(2024-02-17)
初級脱出10問パック|VBA練習問題(2024-01-24)
累計を求める数式あれこれ|エクセル関数応用(2024-01-22)
複数の文字列を検索して置換するSUBSTITUTE|エクセル入門(2024-01-03)
いくつかの数式の計算中にリソース不足になりました。|エクセル雑感(2023-12-28)
VBAでクリップボードへ文字列を送信・取得する3つの方法|VBA技術解説(2023-12-07)
難しい数式とは何か?|エクセル雑感(2023-12-07)
スピらない スピル数式 スピらせる|エクセル雑感(2023-12-06)
イータ縮小ラムダ(eta reduced lambda)|エクセル入門(2023-11-20)
PIVOTBY関数(縦軸と横軸でグループ化して集計)|エクセル入門(2023-11-19)


アクセスランキング ・・・ ランキング一覧を見る

1.最終行の取得(End,Rows.Count)|VBA入門
2.RangeとCellsの使い方|VBA入門
3.セルのコピー&値の貼り付け(PasteSpecial)|VBA入門
4.繰り返し処理(For Next)|VBA入門
5.変数宣言のDimとデータ型|VBA入門
6.ブックを閉じる・保存(Close,Save,SaveAs)|VBA入門
7.並べ替え(Sort)|VBA入門
8.条件分岐(IF)|VBA入門
9.マクロとは?VBAとは?VBAでできること|VBA入門
10.セルのクリア(Clear,ClearContents)|VBA入門




このサイトがお役に立ちましたら「シェア」「Bookmark」をお願いいたします。


記述には細心の注意をしたつもりですが、
間違いやご指摘がありましたら、「お問い合わせ」からお知らせいただけると幸いです。
掲載のVBAコードは動作を保証するものではなく、あくまでVBA学習のサンプルとして掲載しています。
掲載のVBAコードは自己責任でご使用ください。万一データ破損等の損害が発生しても責任は負いません。



このサイトがお役に立ちましたら「シェア」「Bookmark」をお願いいたします。
本文下部へ