VBA入門
VBA関数(日付,DateAdd)

ExcelマクロVBAの基本と応用、エクセルVBAの初級・初心者向け解説
公開日:2013年5月以前 最終更新日:2023-02-15

第46回.VBA関数(日付,DateAdd)


データ型の中でも日付時刻はかなり特殊であり、関数の使用は必要不可欠になります。
ここでは、日付に関するVBA関数の一覧と、DateAdd関数について解説します。
DateAdd関数以外の他の関数は、一覧のリンクより個別のページを参照して下さい。


全てのVBA関数一覧は、VBA関数一覧
マクロVBA関数の一覧と解説です、どんな関数があるかは一度は確認しておくとをお勧めいたします。どんな関数があるだけでも知っておけば、詳細の使い方は実際に使うときに調べても良いでしょう。文字列操作…34 分岐…3 型変換…14 データ判定…10 日付時刻…20 配列…6 ファイル操作…14 数学/財務…28 その他……


日付時刻に関するVBA関数の一覧

関数 説明 対応ワークシート関数
Date 現在のシステムの日付の値を返す ワークシート関数のTODAYと同じ
Now 現在の日付と時刻の値を返す ワークシート関数と同じ
Time 現在のシステムの時刻の値を返す  
Timer 午前0時から経過した秒数を単精度浮動小数点数型で返す
1/100まで計測する場合に使用します。
 
Year 年の値を返します ワークシート関数と同じ
Month 1 年の何月かを表す 0~12 の範囲の値を返す ワークシート関数と同じ
Day 月の何日かを表す 1~31 の範囲の値を返す ワークシート関数と同じ
Hour 1 日の時刻を表す 0~23 の範囲の値を返す ワークシート関数と同じ
Minute 時刻の分を表す 0~59 の範囲の値を返す ワークシート関数と同じ
Second 時間の秒を表す 0~59 の範囲の値を返ます ワークシート関数と同じ
Weekday 何曜日であるかの値を返す ワークシート関数と同じ
WeekdayName 指定された曜日を表す文字列を返す  
MonthName 指定された月を表す文字列を返す  
DatePart 日付の指定した部分を含む値を返す  
DateSerial 引数に指定した年、月、日に対応する日付の値を返す ワークシート関数のDATEと同じ
DateValue 日付を表す値を返す ワークシート関数と同じです。
TimeSerial 引数で指定した時、分、秒に対応する時刻の値を返す ワークシート関数のTIMEと同じ
TimeValue 時刻を表す値を返す ワークシート関数と同じです。
DateAdd

指定された時間間隔を加算した日付の値を返す

 
DateDiff 2つの指定した日付の時間間隔の値を返す ワークシート関数のDATEDIFと似てますが大きな違いがあります。
シートのDATEDIF関数は年齢計算に使用されますが、
VBAのDateDiff関数は直接的に年齢計算を行えません。

多くは対応するワークシート関数がありますので、ここでは説明を省略します。
対応するワークシート関数が解らない場合は、まずは、そちらを覚えてください。
直接的に対応するワークシート関数は無いですが、
マクロVBAで良く使うものとしてDateAdd関数があります。


DateAdd関数の構文

DateAdd(interval, number, date)

interval 必ず指定します。
追加する時間間隔を表す文字列式を指定します。
number 必ず指定します。
追加する時間間隔の数を表す数式を指定します。
将来の日時を取得するには正の数を指定します。
過去の日時を取得するには負の数を指定します。
date 必ず指定します。
時間間隔を追加する日付を表すバリアント型 (内部処理形式 Date の Variant) の値またはリテラル文字列を指定します。

intervalに指定する文字列式
設定値 内容
yyyy yyyy
q 四半期
m
y 年間通算日
d
w 週日
ww
h
n
s

※大文字小文字は問いません。


DateAdd関数の使用例

A1セルが、2021/9/10 の場合

Cells(1, 2) = DateAdd("d", 3, Cells(1, 1))
Cells(1, 3) = DateAdd("m", 2, Cells(1, 1))
Cells(1, 4) = DateAdd("yyyy", 1, Cells(1, 1))

これを実行すると

B1セルに、2021/9/13
C1セルに、2021/11/10
D1セルに、2022/9/10

このような結果になります。



日付関数は、ワークシート関数と多くが同じようになっているので覚えやすいと思います。
特に事務処理では、日付の処理は避けて通れませんので、しっかりと覚えて下さい。





同じテーマ「マクロVBA入門」の記事

第43回.総合練習問題5

・マクロVBA練習問題 ・シンキングタイム ・マクロVBA練習問題解答へ
第44回.VBA関数について
・VBA関数の書き方 ・関数の戻り値を使わない場合 ・名前付き引数 ・○○○B関数 ・○○○$関数 ・ワークシート関数との関係 ・自動メンバ表示 ・習得すべき関数 ・最後に
第45回.VBA関数(Format)
・Format関数 ・日付/時刻表示書式指定文字 ・数値表示書式指定文字 ・文字列表示書式指定文字 ・Format関数の使用例 ・※セルに出力する場合 ・最後に
第46回.VBA関数(日付,DateAdd)
第47回.VBA関数(文字列操作,Replace,InStr,StrConv)
・文字列操作に関するVBA関数の一覧 ・Replace関数 ・InStr関数 ・StrConv関数 ・最後に
第48回.VBA関数(その他,Fix,Int,Rnd,Round,IsEmpty)
・数学VBA関数の一覧 ・データ型確認のVBA関数一覧 ・データ型変換のVBA関数一覧
第49回.Like演算子とワイルドカード
・Like演算子 ・パターン文字列式(ワイルドカード、文字リスト、文字範囲) ・Like演算子の使用例 ・正規表現について
第50回.総合練習問題6
・マクロVBA練習問題 ・シンキングタイム ・マクロVBA練習問題解答へ
第87回.WorksheetFunction(ワークシート関数を使う)
・ワークシート関数の使い方 ・WorksheetFunctionで使用できる関数 ・個別の関数の使い方 ・関数の結果(戻り値) ・WorksheetFunctionの使用例. ・検索系の関数での日付の扱い ・WorksheetFunctionのエラー対処 ・最後に
第51回.Withステートメント
・Withの構文 ・Withを使った時と使わない時の比較 ・Withの使用例 ・Withのネスト ・Withを使ったときに気を付けるべき書き方 ・Withの使いどころ ・サイト内の参考ページ
第52回.オブジェクト変数とSetステートメント
・オブジェクト変数 ・個有のオブジェクト型とは ・Setステートメント ・Setステートメントの使用例 ・WithとSetの使い分け方 ・Setステートメントの実践的な使い方 ・Is演算子によるオブジェクトの比較 ・最後に


新着記事NEW ・・・新着記事一覧を見る

エクセルが起動しない、Excelが立ち上がらない|エクセル雑感(2024-04-11)
ブール型(Boolean)のis変数・フラグについて|VBA技術解説(2024-04-05)
テキストの内容によって図形を削除する|VBA技術解説(2024-04-02)
ExcelマクロVBA入門目次|エクセルの神髄(2024-03-20)
VBA10大躓きポイント(初心者が躓きやすいポイント)|VBA技術解説(2024-03-05)
テンキーのスクリーンキーボード作成|ユーザーフォーム入門(2024-02-26)
無効な前方参照か、コンパイルされていない種類への参照です。|エクセル雑感(2024-02-17)
初級脱出10問パック|VBA練習問題(2024-01-24)
累計を求める数式あれこれ|エクセル関数応用(2024-01-22)
複数の文字列を検索して置換するSUBSTITUTE|エクセル入門(2024-01-03)


アクセスランキング ・・・ ランキング一覧を見る

1.最終行の取得(End,Rows.Count)|VBA入門
2.セルのコピー&値の貼り付け(PasteSpecial)|VBA入門
3.変数宣言のDimとデータ型|VBA入門
4.繰り返し処理(For Next)|VBA入門
5.RangeとCellsの使い方|VBA入門
6.ブックを閉じる・保存(Close,Save,SaveAs)|VBA入門
7.並べ替え(Sort)|VBA入門
8.メッセージボックス(MsgBox関数)|VBA入門
9.セルのクリア(Clear,ClearContents)|VBA入門
10.ひらがな⇔カタカナの変換|エクセル基本操作




このサイトがお役に立ちましたら「シェア」「Bookmark」をお願いいたします。


記述には細心の注意をしたつもりですが、
間違いやご指摘がありましたら、「お問い合わせ」からお知らせいただけると幸いです。
掲載のVBAコードは動作を保証するものではなく、あくまでVBA学習のサンプルとして掲載しています。
掲載のVBAコードは自己責任でご使用ください。万一データ破損等の損害が発生しても責任は負いません。


このサイトがお役に立ちましたら「シェア」「Bookmark」をお願いいたします。
本文下部へ