エクセル入門
DATEDIF関数(年齢・勤続年数)

Excelの初心者向け入門解説
公開日:2013-07-21 最終更新日:2021-06-24

DATEDIF関数(年齢・勤続年数)


2つの日付の間の日数、月数、または年数を計算します。


この関数は、Lotus 1-2-3 との互換性を提供するために用意されています。
この関数は、関数ウイザード(数式パレット)が用意されていませんので、全て手入力する必要があります。

DATEDIF関数の書式

DATEDIF(start_date,end_date,unit)

Start_date

期間の初日 (開始日) を表す日付を指定します。
日付は、引用符で囲んだテキスト文字列、シリアル値、または他の数式や関数の結果を指定できます。

End_date

期間の最終日 (終了日) を表す日付を指定します。

Unit

返される情報の種類を指定します。
値は次のいずれかになります。

Y 開始日と終了日の間の年数を返します。
M 開始日と終了日の間の月数を返します。
D 開始日と終了日の間の日数を返します。
MD 開始日から終了日までの日数です。日付の月数および年数は無視されます。
※重要※
制限事項があるため、"MD"は使用はお勧めしません。
戻り値がマイナスになる場合があるので、余程限定的な場合以外では使用できません。
YM 開始日から終了日までの月数です。日付の日数および年数は無視されます。
YD 開始日から終了日までの日数です。日付の年数は無視されます。

DATEDIF関数の使用例

A1セルに 1980/3/1、B1セルに2020/7/23
と入っている場合

=DATEDIF(A1,B1,"Y") ・・・ 40、年数になります
=DATEDIF(A1,B1,"M") ・・・ 484、月数になります
=DATEDIF(A1,B1,"D") ・・・ 14754、日数になります
=DATEDIF(A1,B1,"MD") ・・・ 22、484月と22日
=DATEDIF(A1,B1,"YM") ・・・ 4、40年と4ヶ月
=DATEDIF(A1,B1,"YD") ・・・ 146、40年と144日

DATEDIF関数の注意点

DATEDIF関数は、いくつかの問題点が報告されています。
うるう年の2/29を挟んだ場合の特殊なケースではありますが、注意は必要です。

良く使われるもので、これはバグと言えるかどうか分かりませんが、
=DATEDIF("2020/2/29","2021/2/28","Y")
この結果は、0となります。
=DATEDIF("2018/2/28","2019/2/28","Y")
この結果は、1となります。
勤続年数を計算する場合に、この結果は不都合になる場合があります。

多少の問題はあるものの、代替えとなる関数がありません。
IF関数等で正しく対応しようとすると、とても長い数式となってしまいます。
特定のケースでは、バグがある事を理解した上で、上手に使うようにしましょう。


Officeサポート DATEDIF関数


ワークシート関数一覧
・文字列関数 ・日付と時刻の関数 ・情報関数 ・論理関数 ・検索/行列関数 ・数学/三角関数 ・統計関数 ・財務関数 ・エンジニアリング関数 ・データベース関数 ・アドイン/オートメーション ・キューブ ・Microsoft Office のサポート

ワークシート関数の一覧(2010以降)
・Excel2010で追加されたワークシート関数 ・Excel2013で追加されたワークシート関数 ・Excel2016/Excel2019で追加されたワークシート関数 ・Excel2021で追加されたワークシート関数 ・Excel2021より後の365で追加されたワークシート関数 ・Microsoft 365 Insider ・Microsoft「Office のサポート」



同じテーマ「エクセル入門」の記事

NOW関数(現在の日付と時刻)

現在の日付と時刻に対応するシリアル値を返します。セルにNOW関数を入力すると、セルの表示形式は自動的に時刻形式に設定されます。NOW関数の書式 NOW() ※引数はありません。NOW関数は、エクセルで再計算が行われない限り、関数を入力した日付時刻のままになります。
WORKDAY関数、WORKDAY.INTL関数(稼動日数だけ前後の日付)
・WORKDAY関数の書式 ・WORKDAY.INTL関数の書式 ・WORKDAY関数、WORKDAY.INTL関数の使用例
NETWORKDAYS関数、NETWORDAYS.INTL関数(稼動日の日数)
・NETWORKDAYS関数の書式 ・NETWORKDAYS.INTL関数の書式 ・NETWORKDAYS関数、NETWORKDAYS.INTL関数の使用例
DATEDIF関数(年齢・勤続年数)
MATCH関数(範囲から値を検索し一致する位置)
・MATCH関数の書式 ・ワイルドカード ・MATCH関数の使用例:完全一致
INDEX関数(範囲から指定されたセル)
・INDEX関数の書式 ・INDEX関数の使用例 ・INDEX関数の応用例
OFFSET関数(行数と列数シフトした位置のセル範囲)
・OFFSET関数の書式 ・OFFSET関数の解説 ・OFFSET関数の使用例 ・OFFSET関数の応用例
INDIRECT関数(参照文字列で間接的にセルを指定)
INDIRECT関数は、指定される文字列への参照を返します。参照文字列によって指定されるセルに入力されている文字列を介して、間接的なセルの指定を行います。参照文字列で指定されるセル参照を返しますが、セル参照はすぐに計算され、結果としてセルの内容が表示されます。
EDATE関数(月数だけ前後の日付)
・EDATE関数の書式 ・EDATE関数の使用例 ・EDATE関数の応用例
EOMONTH関数(月数だけ前後の月の最終日)
開始日から指定された月数だけ前または後の月の最終日を返します。EOMONTH関数の書式 EOMONTH(開始日,月) 開始日 起算日を表す日付を指定します。月 開始日から起算したい月数を指定します。正の数を指定すると、起算日より後の日付を返し、負の数を指定すると、起算日より前の日付を返します。
WEEKDAY関数(曜日に変換)
日付に対応する曜日を返します。既定では、戻り値は1(日曜)から7(土曜)までの範囲の整数となります。引数の「種類」により曜日に対する数値は変わりますが、数値としては常に1~7となります。WEEKDAY関数の書式 WEEKDAY(シリアル値,[種類]) シリアル値 曜日を求める日付を指定します。


新着記事NEW ・・・新着記事一覧を見る

エクセルが起動しない、Excelが立ち上がらない|エクセル雑感(2024-04-11)
ブール型(Boolean)のis変数・フラグについて|VBA技術解説(2024-04-05)
テキストの内容によって図形を削除する|VBA技術解説(2024-04-02)
ExcelマクロVBA入門目次|エクセルの神髄(2024-03-20)
VBA10大躓きポイント(初心者が躓きやすいポイント)|VBA技術解説(2024-03-05)
テンキーのスクリーンキーボード作成|ユーザーフォーム入門(2024-02-26)
無効な前方参照か、コンパイルされていない種類への参照です。|エクセル雑感(2024-02-17)
初級脱出10問パック|VBA練習問題(2024-01-24)
累計を求める数式あれこれ|エクセル関数応用(2024-01-22)
複数の文字列を検索して置換するSUBSTITUTE|エクセル入門(2024-01-03)


アクセスランキング ・・・ ランキング一覧を見る

1.最終行の取得(End,Rows.Count)|VBA入門
2.セルのコピー&値の貼り付け(PasteSpecial)|VBA入門
3.変数宣言のDimとデータ型|VBA入門
4.繰り返し処理(For Next)|VBA入門
5.RangeとCellsの使い方|VBA入門
6.ブックを閉じる・保存(Close,Save,SaveAs)|VBA入門
7.並べ替え(Sort)|VBA入門
8.メッセージボックス(MsgBox関数)|VBA入門
9.セルのクリア(Clear,ClearContents)|VBA入門
10.ひらがな⇔カタカナの変換|エクセル基本操作




このサイトがお役に立ちましたら「シェア」「Bookmark」をお願いいたします。


記述には細心の注意をしたつもりですが、
間違いやご指摘がありましたら、「お問い合わせ」からお知らせいただけると幸いです。
掲載のVBAコードは動作を保証するものではなく、あくまでVBA学習のサンプルとして掲載しています。
掲載のVBAコードは自己責任でご使用ください。万一データ破損等の損害が発生しても責任は負いません。


このサイトがお役に立ちましたら「シェア」「Bookmark」をお願いいたします。
本文下部へ