VBAサンプル集
図をセル内に強制的に収める(Shape)

ExcelマクロVBAの実用サンプル、エクセルVBA集と解説
公開日:2013年5月以前 最終更新日:2017-09-02

図をセル内に強制的に収める(Shape)


図(画像等)をエクセルに貼り付けた後、セルの移動と一緒に動かない場合があります。

もちろん、図の書式のプロパティでは、「セルに合わせて移動」にしてある場合の話です。

図がセルを大きくはみ出しているいる場合(隣のセルよりさらにはみだしている場合)は、

セルのコピー、移動にくっていてきません。

また、ソートをする場合は、完全にセル内に入っていないと、一緒にソートされません。

そこで、図をセル内に、すっぽり収めるコードを紹介します。

ここでは、縦横比を保持するようにしています。

Sub ShapesFit()
  Dim myRange As Range
  Dim dblScal As Double
  Dim myShape As Shape
  For Each myShape In ActiveSheet.Shapes
    With myShape
      Set myRange = .TopLeftCell
      .Top = myRange.Top
      .Left = myRange.Left
      If myRange.Width / .Width < myRange.Height / .Height Then
        dblScal = Application.WorksheetFunction.RoundDown(myRange.Width / .Width, 2)
      Else
        dblScal = Application.WorksheetFunction.RoundDown(myRange.Height / .Height, 2)
      End If
      If .LockAspectRatio = msoTrue Then '縦横比固定を判定
        .ScaleWidth dblScal, msoFalse, msoScaleFromTopLeft
      Else
        .ScaleWidth dblScal, msoFalse, msoScaleFromTopLeft
        .ScaleHeight dblScal, msoFalse, msoScaleFromTopLeft
      End Ift

    End With
  Next
End Sub

For Each myShape In ActiveSheet.Shapes

シート内の全ての図形に対して、処理します。

.Top = myRange.Top
.Left = myRange.Left
図の左上のセル位置に合わせます。

If myRange.Width / .Width < myRange.Height / .Height Then
  dblScal = Application.WorksheetFunction.RoundDown(myRange.Width / .Width, 2)
Else
  dblScal = Application.WorksheetFunction.RoundDown(myRange.Height / .Height, 2)
End If
セル内に収めた場合、縦横の縮小率の小さい方を採用しています。

また、小数以下2桁で切り捨てています。

.ScaleWidth dblScal, msoFalse, msoScaleFromTopLeft
.ScaleHeight dblScal, msoFalse, msoScaleFromTopLeft
同じ比率で、縦横を縮小しています。

実際に使用する場面として考えられるのは、

僅かにはみ出している為、一緒にソートされない場合に、

手作業でやるのが大変な場合とかになるでしょう。


※縦横比を固定している画像の場合に、
 正しくセル内に収まらない事を修正しました。





同じテーマ「マクロVBAサンプル集」の記事

コメントの位置移動と自動サイズ調整とフォント設定

コメントの位置をセルの横にぴったりくっつけて、サイズし入力文字列に応じて自動サイズ調整に設定します。正直言って、そんなに使い道があるとは思えませんが、ごくたまに必要にる場合も出てきます。そもそも、この位置はコメントの表示で、常時表示する場合の位置です。
図をセル内に強制的に収める(Shape)
図を確認しながら消していく(Shape)
行削除や、列削除等により、図が見えなくなってしまう事があります。しかも、セルのコピーで沢山出来てしまい、困った事ありませんか。「ジャンプ」→「セル選択」で、オブジェクトで一括選択して削除する事は出来ます。
オートシェイプを他ブックの同じ位置に貼り付ける(Shapes,DrawingObjects)
コメントでリクエストを頂きました。「1つのシートにバラバラにあるオートシェープを一度に選択して、コピーし、ほかのブックのあるシートの同じ位置にペーストしたい」というもの。これには色々な問題が含まれています。
全シートの画面キャプチャを取得する(keybd_event)
資料等の作成で、画面キャプチャすることがあると思います。そこで、全シートの画面キャプチャを、新規シートに全て取得するプログラムです。Alt+PrntScrnで、エクセルのウインドウのみキャプチャしています。
写真の取込方法について(Pictures.Insert,Shapes.AddPicture)
・Pictures.Insertメソッド ・Shapes.AddPictureメソッド ・Shapesに関連する記事
写真をサムネイルに変換して取り込む(Shapes.AddPicture)
・写真をサムネイルに変換して取り込むVBA ・写真をサムネイルに変換して取り込むVBAの解説 ・Shapesに関連する記事
円グラフの色設定(Chart,SeriesCollection)
円グラフの色を、元の表から設定します。以下は、ウイザードでグラフを作成した状態です。A列に指定した、塗りつぶし色を、グラフに反映させます。たった、これだけです。手作業よりは、はるかに簡単ですし、応用範囲が広いと思います。
棒グラフ・折れ線グラフのサンプルマクロ
グラフはプロパティ・メソッドも多いので、自分の覚書もかねて掲載しました。この元データから、以下のグラフが作成されます。解説は、プログラム内のコメントを参考にして下さい。系列データのデータ数が増えた時に、データ範囲を変更するマクロも掲載しておきます。
人口ピラミッドのグラフをマクロで作成
人口ピラミッドのグラフ作成は、設定項目が多く、かなり面倒です。マクロでサクッと作って、細かい部分を手動で設定できれば楽です。この表から、以下のグラフを作成します。手動で設定すると、かなり多くの手順が必要になります。
グラフで特定の横軸の色を変更し基準線を引くマクロ
特定の横軸のみ色を変更する、つまり、基準値や下限・上限等に線を引きたい場合のマクロVBAになります。手動でやろえとすると結構面倒なので、いざやろうとするとなかなか出来なかったりします。グラフの元データに線を引きたい数値の系列をシートに追加しておくと、もう少し楽にできますが、ここでは、シートには手を加えずに基準線を引…


新着記事NEW ・・・新着記事一覧を見る

エクセルが起動しない、Excelが立ち上がらない|エクセル雑感(2024-04-11)
ブール型(Boolean)のis変数・フラグについて|VBA技術解説(2024-04-05)
テキストの内容によって図形を削除する|VBA技術解説(2024-04-02)
ExcelマクロVBA入門目次|エクセルの神髄(2024-03-20)
VBA10大躓きポイント(初心者が躓きやすいポイント)|VBA技術解説(2024-03-05)
テンキーのスクリーンキーボード作成|ユーザーフォーム入門(2024-02-26)
無効な前方参照か、コンパイルされていない種類への参照です。|エクセル雑感(2024-02-17)
初級脱出10問パック|VBA練習問題(2024-01-24)
累計を求める数式あれこれ|エクセル関数応用(2024-01-22)
複数の文字列を検索して置換するSUBSTITUTE|エクセル入門(2024-01-03)


アクセスランキング ・・・ ランキング一覧を見る

1.最終行の取得(End,Rows.Count)|VBA入門
2.セルのコピー&値の貼り付け(PasteSpecial)|VBA入門
3.変数宣言のDimとデータ型|VBA入門
4.繰り返し処理(For Next)|VBA入門
5.RangeとCellsの使い方|VBA入門
6.ブックを閉じる・保存(Close,Save,SaveAs)|VBA入門
7.並べ替え(Sort)|VBA入門
8.メッセージボックス(MsgBox関数)|VBA入門
9.セルのクリア(Clear,ClearContents)|VBA入門
10.ひらがな⇔カタカナの変換|エクセル基本操作




このサイトがお役に立ちましたら「シェア」「Bookmark」をお願いいたします。


記述には細心の注意をしたつもりですが、
間違いやご指摘がありましたら、「お問い合わせ」からお知らせいただけると幸いです。
掲載のVBAコードは動作を保証するものではなく、あくまでVBA学習のサンプルとして掲載しています。
掲載のVBAコードは自己責任でご使用ください。万一データ破損等の損害が発生しても責任は負いません。


このサイトがお役に立ちましたら「シェア」「Bookmark」をお願いいたします。
本文下部へ